本文へ移動

溶融亜鉛めっきの規格について

1.溶融亜鉛めっきに関する日本規格

 

● JIS H 8641 溶融亜鉛めっき
● JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法

 

2.種類及び記号

 

めっきの種類及び記号は表-1の通りとします。

表-1 種類及び記号

 
種類
記号
適用例(参考)
1種A
HDZ A
厚さ5mm以下の鋼材・鋼製品、鋼管類、
直径12mm以上のボトル・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
1種B
HDZ B
厚さ5mmを超える鋼材・鋼製品、鋼管類及び鋳鍜造品類
2種35
HDZ 35
厚さ1mm以上2mm以下の鋼材・鋼製品、
直径12mm以上のボトル・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
2種40
HDZ 40
厚さ2mmを超え3mm以下の鋼材・鋼製品、鋼管類及び鋳鍜造品類
2種45
HDZ 45
厚さ3mmを超え5mm以下の鋼材・鋼製品、鋼管類及び鋳鍜造品類
2種50
HDZ 50
厚さ5mmを超える鋼材・鋼製品、鋼管類及び鋳鍜造品類
2種55
HDZ 55
酷な腐食環境下で使用される鋼材・鋼製品及び鋳鍜造品類

【備考】
1.HDZ 55のめっきを要求するものは、素材の厚さ6mm以上であることが望ましい。
 素材の厚さ6mm未満のものに適用する場合は、事前に受渡当事者間の協定による。
2.表中、適用例の欄で示す厚さ及び直径は、呼称寸法による。
3.過酷な腐食環境は、海塩粒子濃度の高い海岸、凍結防止剤の散布される地域などをいう。

 

3.めっきの品質

 

めっきの品質は、次による。

 

①.外観
めっきの外観は、受渡当事者間の協定による用途に対して使用上支障のある不めっきなどがあってはならない。
 
②.付着量及び硫酸銅試験回数
めっきの付着量及び硫酸銅試験回数は、表-2の通りとします。
 
③.密着性
めっき被膜は、素材表面とよく密着し、通常取扱いでは、はく離又はき裂を生じないのでなければならない。

 

表-2 付着量及び硫酸銅試験回数

種類
記号
硫酸銅試験回数
付着量 g/㎡
適用例(参考)
1種A
HDZ A
4回
---
28~42(推定)
1種B
HDZ B
5回
---
35~49(推定)
2種35
HDZ 35
---
350以上
49以上
2種40
HDZ 40
---
400以上
56以上
2種45
HDZ 45
---
450以上
63以上
2種50
HDZ 50
---
500以上
69以上
2種55
HDZ 55
---
550以上
76以上
【備考】
1.めっき膜厚とは、めっき表面から素材表面までの距離をいう。
2.1種A及び1種Bの平均めっき膜厚欄の数値は、硫酸銅試験回数から推定した
最少めっき皮膜厚さの範囲を示す。
3.平均めっき膜厚は、めっき皮膜の密度を7.2g/cm3(立方センチメートル)として、
付着量を除した値を示す。
 
 
 
株式会社ジャパンガルバー
〒379-2202
群馬県伊勢崎市赤堀鹿島町394
TEL:0270-62-7233
FAX:0270-62-7235
 
本社工場
・溶融亜鉛めっき加工 一式
JIS認証取得工場(TC 03 08 028)
めっき槽寸法 8,500 L X 1,550 W X 2,300 D
・製作加工一式
・グレーチング販売
熊谷工場
・溶融亜鉛めっき加工
めっき槽寸法 3,800 L X 1,000 W X 1,000 D
0
1
8
6
3
1
TOPへ戻る