本文へ移動

溶融亜鉛めっきの規格について

1.溶融亜鉛めっきに関する日本規格

 

● JIS H 8641 溶融亜鉛めっき
● JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法

 

2.種類及び記号

 

めっきの種類及び記号は表-1の通りとします。

表-1 種類の記号及び膜厚

膜厚(μm)
種類の記号
適用例(参考)
35以上
HDZT 35
厚さ5mm以下の素材、直径12mm以上のボトル・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類など、遠心分離によって亜鉛のたれ切りをするもの又は機能上薄い膜厚が要求されるもの
42以上
HDZT 42
厚さ5mmを超える素材で遠心分離によって亜鉛のたれ切りをするもの又は機能上薄いまくあつがようきゅうされるもの
49以上
HDZT 49
厚さ1mm以上の素材、直径12mm以上のボトル・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
56以上
HDZT 56
厚さ2mm以上の素材
63以上
HDZT 63
厚さ3mm以上の素材
70以上
HDZT 70
厚さ5mm以上の素材
77以上
HDZT 77
厚さ6mm以上の素材

【備考】
1.HDZT 77のめっきを要求するものは、素材の厚さ6mm以上であることが望ましい。
 素材の厚さ6mm未満のものに適用する場合は、事前に受渡当事者間の協定による。
2.表中、適用例の欄で示す厚さ及び直径は、呼称寸法による。
 

3.めっきの品質

 

めっきの品質は、次による。

 

①.外観
めっきの外観は、受渡当事者間の協定による用途に対して使用上支障のある不めっきなどがあってはならない。
 
②.膜厚及び参考付着量
めっきの膜厚は、表-2の通りとします。(付着量は膜厚にめっき被膜の密度を7.2g/㎤とし、乗じた値を示す。)

表-2 膜厚及び付着量
膜厚(μm)
記号
旧規格
旧種類
旧記号
付着量 g/㎡
35以上
HDZT 35
1種 A
HDZ A
250以上(推定)
42以上
HDZT 42
1種 B
HDZ B
300以上(推定)
49以上
HDZT 49
2種35
HDZ 35
350以上
56以上
HDZT 56
2種40
HDZ 40
400以上
63以上
HDZT 63
2種45
HDZ 45
450以上
70以上
HDZT 70
2種50
HDZ 50
500以上
77以上
HDZT 77
2種55
HDZ 55
550以上
株式会社ジャパンガルバー
〒379-2202
群馬県伊勢崎市赤堀鹿島町394
TEL:0270-62-7233
FAX:0270-62-7235
 
本社工場
・溶融亜鉛めっき加工 一式
JIS認証取得工場(TC 03 08 028)
めっき槽寸法 8,500 L X 1,550 W X 2,300 D
・製作加工一式
・グレーチング販売
熊谷工場
・溶融亜鉛めっき加工
めっき槽寸法 3,800 L X 1,000 W X 1,000 D
0
7
5
6
4
4
TOPへ戻る